子育てのヒントになる絵本

『こぶたくん』一家の何気ない日常を描いたあたたかいお話です。

童話館出版のなかでもとりわけ人気の高い絵本だそうです。
c0221911_1239069.jpg



64ページもあって、5つのお話が載っています。

挿絵がとってもかわいいです。

主人公のこぶたの『オリバー』はきっと5歳くらい。妹の『アマンダ』は2歳くらいかな?

絵が少なくて、興味をもってくれるかな??と思ったのですが、

我が家にもよくある光景で、物語がすんなり入りやすかったようです。


特に好きなのは4番目に掲載されている「ぽてとちゃん」

こぶたのオリバーくんは ふってくるゆきをながめていいました。

「ぼく、ゆきのおやまにこしかけてみたい。おかあさんには、ぼくのそりをひいてほしいな。

あしあとも いっぱい つけたい」


「いいわよ」とかあさん。「じゃあ でかけるしたくをしましょ」

以下、あらすじ。

おかあさんは、セーターや長靴、コートや襟巻きを用意します。

アマンダがよぶんなセーターや帽子をたくさん持って来てしまいます。

「それじゃだめだめ」とよぶんなのをみんな片付けます。

こぶたくんは、長靴の右と左を間違えて履いてしまいます。

アマンダは帽子を深く被りすぎて、転んで泣いてしまいます。

「なかないのよ。わたしのかわいいポテトちゃん」とかあさん。

かあさんはキスしてあげるとアマンダはなきやみました。


それからも、おもちゃを持って行こうとしたりぬいぐるみを持って行こうとしたり、

「それじゃだめだめ」と片付けては、なかなか出かけられません。

「みてみて」とこぶたくん。

「ぼく ミトン、みみにはめた」

「こぶたくん。ミトンは みみにはめるものじゃないってわかってるでしょ」

かあさんは ミトンをなおしてやりました。


おかあさんはソファーに二人を座らせて、「おとなしく待っていてね」と言います。

身支度をして戻ってくると、床にはせっかく着せたコートやミトン、襟巻きで散らかっています。

「どういうこと?」と聞くと、「ぼくたちあつすぎたの」とこぶたくん。

おかあさんは、ソファーにすわって静かになってしまいます。

「かあさん、どうかした?」とこぶたくん。

「かあさんはね、泣いているの」とかあさん。

「あれ、なかないはずなのに」とこぶたくん。

「かあさんてものは なかないものなんだよ」とこぶたくん。


「ええ、そうね」とかあさん。

 こぶたくんはかあさんのひざにのりました。

「ないちゃだめ、かわいいポテトちゃん。ぼくたちなかよしじゃない」とこぶたくん。

つづく‥。

さあ、こぶたくんたちは外に遊びに行く事ができるでしょうか??

わかるな〜お母さんの気持ち!!

なんてよくある光景なんでしょう!!

まあ我が家ではこぶたくんのおかあさんのようにはいかないかもしれない。

きっと怒って「もう 外に連れてってあげない!!」と言ってしまいそうです☆

こぶたくんのおかあさんを見本にしてみたいです。

作者の方もニューヨーク州に住む、2人の子供のお母さんで、

子供の小さい頃の話が元になっているらしいです。

だからリアルなんですね!  他の4編もとても幸せなお話で、

人間味あふれるこぶた一家が最高です☆
[PR]



by no-aya-on | 2011-04-26 13:29 | 本棚

手づくりのもの、日々の生活
by no-aya-on
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

アドベントカレンダーとツリー★
at 2012-12-01 15:20
Big teddy bear!!
at 2012-11-27 10:12
紅葉
at 2012-11-21 09:34
生花もいいよね〜★
at 2012-11-19 08:39
プリザーブドフラワー教室
at 2012-11-01 15:38

ファン

ブログジャンル

画像一覧